Process Draw・Carve
描き・彫る

素材の種類(硬さ)によって彫り方は異なります。
望月煌雅は、「暦材(牙類・角類・木類)」「(篆)刻石材」2通りの素材群で彫刻が出来ます。

「暦材(牙類・角類・木類)」の制作工程

布字の準備

工程校字

校字

彫刻する文字を簡単な字典で調べる。

草稿

字形を選び、文字を組合せて数パターン、デッサンする。
(うまく収まらない場合は、より詳しい字典で調べたり、文字の字源を調べ、字形のパターンを増やし、字法章法を駆使し、うまく収まるように推敲します。)
※point:字形、文字の成りたちはすべて記憶していないのと、勘違い防止のため、毎回、字典、時には字源字書を調べます。

印面調整

印材の印面を紙やすり(400番)で擦り平らにする(平らに出来ないとしっかり押せない)。
印面に朱墨を塗る。

字割

一字一字のスペースを決め、印面に専用の道具を使い区画線を引く。

布字

工程校字

草稿を参考にして印面に墨で逆文字を書く (印面を鏡に照らし合わせながら朱墨と墨を交互に使いイメージ通りになるまで何度も修正します。)
※point:十分な納期(一か月以上)がある場合は、数日たってから、改めてチェックします。この確認作業により、別の視点から見ることで、新たな発見があります。字入れ作業は、良い印影を作るために特にゆっくり丁寧に行います。

荒彫り

工程校字

枠・文字が残るように印面に凹凸を作る作業です。
※文字を傷つけないように、深浅のないように彫刻します。

起底刀を使う場合(純手彫) 100年以上続く伝統的な技法
(起底刀は、1番刀(細)~6番刀(太)まであります)
2または3番刀で枠、文字(墨)の際に沿って不要な部分(朱墨の部分)を彫り起こす →
(朱の)広い場所から6番刀、5番刀・・・の順に使い朱墨の部分が無くなるまで彫る。

ペンシル型スピンドルを使う場合(スピンドル手彫り) 50年以上続く伝統技法
中細の針で枠、文字(墨)の際に沿って不要な部分(朱墨の部分)を削る →
(朱の)広い場所を太い針で削る → 最後に細い針で細かい部分を削る

仕上げの準備

工程校字

印面調整

墨をとり、2000番の紙やすりで印面を磨く

墨打ち(朱打ち)

印材によって、墨または朱墨を印面に打ちつけてぬる。
※Point:見栄えと仕上げ作業をし易くするために行います。印面調整・墨(朱)打ちを上手にしないと、押印しにくくなります。特に朱打ちの場合、朱墨が盛り上がる特性上、気を付ける必要があります。(お客さんからは押しやすいと好評です。)

淵を削る

印面の淵を紙やすりで削る。※枠の強化のために行います。

仕上げ

工程校字

仕上げ刀を使い、枠を均一の太さに揃え、文字の曲りを直し、文字に筆意等の流れをより精密に出す(一点一画まで気を配り、文字の流れ筆意を生かして仕上げます。)
※Point 筆(字入れ)では出し切れない文字の線の勢い・流れを出すことによって文字(印影)が生きてきます。

総仕上げ

工程校字

補刀

印箋に押印し、それを見ながら、さらに印影がよくなるように修正する。

さらい彫り

仕上げによって出来た土手部分を起底刀で削り取り、印面の底の深さを揃える。完成。

押印

望月煌雅の作品の証明として印箋に押印し、落款を書き、落款印を押す。
(伝匠印の場合は、手彫り証明書)

落款を入れる

落款を書き、落款印を押す。

総仕上げ

工程校字

補刀

印箋に押印し、それを見ながら、さらに印影がよくなるように修正する。

さらい彫り

仕上げによって出来た土手部分を起底刀で削り取り、印面の底の深さを揃える。完成。

押印

望月煌雅の作品の証明として印箋に押印し、落款を書き、落款印を押す。
(伝匠印の場合は、手彫り証明書)

落款を入れる

落款を書き、落款印を押す。

「篆)刻石材」の制作工程

布字までは、暦材(牙類・角類・木類)と同じです。

彫り

鉄筆と呼ばれる刀を自在に扱いながら彫り進めます。

補刀

印箋に押印し、それを見ながら、さらい残しを取り、修正する。さらに輪郭を文字と調和させるために、
撃辺(鉄筆の柄で輪郭の一部を叩く)を加え、自然な欠けをつくる事もあります。

押印

望月煌雅の作品の証明として印箋に押印し、落款を書き、落款印を押す。
(伝匠印の場合は、手彫り証明書)

ハンコを彫るために必要な技術

古来より印章を彫刻する上で『字法』・『章法』・『刀法』の三法が重要とされてきました。

  • 『字法』:印に使用する文字を正しく選出する方法です。文字の歴史や文字が構成される原則の知識が必要とされます。 例えば、印章書体である印篆は、一つの文字で何種類もの字形があります。 他字を見ながら、どの字形にするか決めます。
  • 『章法』:文字を印面に布字する時の文字の構成の方法です。 文字の大小、粗密のバランスを考え、各字が互いに無理なく自然に呼応しあう様に構成します。
  • 『刀法』:運刀の技法です。荒彫りは布字した通りに彫り、仕上げでは、文字に勢いが出るように彫ります。 先人が「小心落墨、大胆奏刀」といっているように、布字するときは入念に、刀で彫るときは大胆にということです。

この三法の技術を上達させることで、より良い印章が彫れるようになります。
また字法、章法の技術が必要な布字は、印章彫刻で一番重要な工程です。
どんな印章、印鑑(印影)の仕上がりになるかは、布字の出来にかかっています。