About KOGA's seal
煌雅印とは

用と美と想いを大切に追求し
制作します

唯一無二であること

印影の美しさ

想い

ご依頼者、ご使用者の
想いを描きながら制作

甲州手彫印章 伝統工芸士 望月煌雅作「煌雅印」について

印章は本来、制作者が手書きで布字(字入れ)すれば、同じ書体でも、
制作者によって個性が生じてしまうため、雰囲気が違ってきます。

また、同じ文字(苗字、名前)を同じ書体で制作したとしても、
字法、章法(資料:彫刻技術)で変化をつけて布字するため、
同じ印影の印章は二つとありません。

ここが、布字(字入れ)をしないで、コンピュータに登録してある文字を使う方法で
彫刻している(機械彫りの)ハンコとは大きく違います。

煌雅印はすべて、一本一本丁寧に布字(字入れ)を行い(文字を描き)、彫刻致します。

なぜ、ご依頼して頂いたのか、
その目的は?(ご本人用、ご子息用、お孫様用など)
そこへの想いの丈は?
煌雅印のご使用者は、
贈り物の場合は、どんな想いで受取るのか?
どんな想いで押印するのか?・・・
そんな想いを描きながら制作します。

お客様のご都合にもよりますが、納期を長めに取らせて頂き、
布字を終えてから、すぐに彫刻を行わず、間隔を置き、
後日、別の感覚で見て修正を加え、よりよい字法・章法を追及します。

ご依頼の制作文字を字書で調べ、
枠とそれぞれの文字をバランス良く配置するために、
最適な字形を選び、線と線の間隔・長さ、転画、起筆、終筆などを線質や線の流れを意識しながら、
文字を描き、書いては消し書いては消しを繰返し修正し、調整します。

素材によって彫刻の技法は異なりますが、望月煌雅は、主に実用印として使用される素材(暦材)と、
主に落款印として使用される素材(刻石材)で制作可能です。

また、煌雅印は、暦材(牙類・角類・木類)では2種類の工具による手彫りを選択できます。
「純手彫り」
すべての工程で電動の工具、機械を全く使わない100年以上続く伝統的な技法で制作します。
荒彫りの工程では起底刀により一彫り一彫り刻み、印面に凹凸を出していきます。
「スピンドル手彫り」
荒彫りの工程でペンシル型スピンドルを使用した50年以上続く伝統的な技法で制作します。
※スピンドル手彫りの場合は、「伝統的工芸品」とは異なりますが、
甲州手彫印章伝統工芸士 望月煌雅がすべての工程で技術・技法を駆使して製造します。

煌雅印とは

  • すべての工程を望月一宏(煌雅)が手作り

  • 字入れは印面に直接、手書き(手描き)しますので、世界に二つとないオリジナルの印鑑(印影)ができます。
    また、推敲を重ねバランス良い配置を追求します。
  • 荒彫り、仕上げ作業は、大胆且つ丁寧に刀を運び、文字の流れ・程良い切れ味を出していきます。
  • 望月煌雅の作品として、完成した印章を押印し、落款を入れ、落款印を押します。
  • ご依頼者のその印に対する想いを描きながら、使用者が煌雅印を使用するシーンを想い描きながら、制作します。
  • 望月煌雅は日々の訓練と研究により、進化していきます。