About Koshu hand-carved seal
甲州手彫印章とは

経済産業大臣指定伝統的工芸品 甲州手彫印章

昭和 49 年に制定された「伝統的工芸品産業の振興に関する法律 ( 伝産法 )」に基づき、経済産業大臣が指定するのが「伝統的 工芸品」ですが、その主な指定の要件は次の通りです。

  1. 主として日常生活で使用する工芸品であること。
  2. 製造工程のうち、製品の持ち味に大きな影響を与える部分は、手作業が中心であること。
  3. 100年以上の歴史を有し、今日まで継続している伝統的な技術・技法により製造されるものであること。
  4. 主たる原材料が原則として 100 年以上継続的に使用されていること。
  5. 一定の地域で当該工芸品を製造する事業者がある程度の規模を保ち、地域産業として成立していること。

甲州手彫印章は、100年以上の歴史ある伝統的な技術または技法(起底刀使用)、伝統的に使用されてきた原材料(牛角・黒水牛・柘)、
六郷地域を中心に山梨県内で産地形成されていたことなどが認められ、平成12年7月31日に伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づき、
経済産業大臣(当時は通商産業大臣)によって伝統的工芸品に指定されました。

検査基準に合格すれば、「伝統証紙」を貼布することが出来、個々の商品に「経済産業大臣指定伝統的工芸品」であることを表示することができます。

伝統マーク

伝統マーク●●-●●●

この伝統マークを使った伝統証紙が貼られている甲州手彫印章は、産地組合等が実施する検査に合格した伝統的工芸品です。

彫刻方法がスピンドル手彫りの場合・印材が象牙、篆刻石の場合は、「伝統的工芸品」とは異なりますが、甲州手彫印章伝統工芸士 望月煌雅がすべての工程で技術・技法を駆使して製造した製品です。
また、書体の印相体は、印相を良くするため、本来の文字の形から逸脱しているため、NGとなります。
検査基準を満たした印章には、すべて伝統証紙を貼付けます。
(ご希望なさらない場合は、ご連絡をお願いします。)

伝統的工芸品以外の甲州手彫印章には、山梨県印章店協同組合発行の手彫証明書がつきます。

伝統的工芸品甲州手彫印章 伝統証紙 合格証付

甲州手彫印章 伝匠印 伝産協会証紙 手彫証明書付

About Rokugo Town
六郷の街について

山梨県六郷町(現:市川三郷町)がハンコの町になった理由

  1. 山梨県の御岳山で水晶が発掘され、水晶加工工場ができ、水晶印の制作技術が生まれる。
  2. 高芙蓉、高田緑雲、芦野楠山、安達畴邨、山本硯堂、標 兜谷、河西笛州、内藤香石など山梨に著名な篆刻家が数多くいた。
  3. 六郷地区では、農閑期に足袋の製造と行商販売をしており、全国各地に販路があった。
  4. 実印制度が出来たことなどから、一般市民の間に急速な印章需要が起こった。

これらの要素が重なり、手彫印章の制作が盛んになり、産地が形成されました。
「甲州手彫印章」としてその技術は現在に受け継がれています。