「物語を描き・彫る」
伝統工芸士・望月煌雅の
甲州手彫印章

それぞれの物語を
小さな印面に
丁寧に、大切に、描き彫っていく

この印章はんこを手にしたとき、

どんなことを思うだろう。
どんな時に押すのだろう。
どんな想いを込めるのだろう。

ご自身で使うものなのか、
はたまた贈答用か。

そんなことを考えながら、
文字を手書きし、何度も何度も描き、
配置を決め、ようやく文字を彫り進める。

印章はんこに込められた想い、
はんこをめぐるこれからの人生の物語を
甲州手彫印章の歩んできた長い歴史と
磨き続けた伝統の技術と共に
小さな印面に詰め込んでいく。

丁寧に、大切に。

 

望月煌雅について

伝統工芸士として受け継いできた伝統と
確かで繊細な技術で唯一無二をお創りします

詳細はこちら

良い印章(はんこ)の条件

唯一無二であること

詳細はこちら

良い印章(はんこ)の条件

唯一無二であること

詳細はこちら

煌雅印とは

想いを描きながら制作します

詳細はこちら

煌雅印とは

想いを描きながら制作します

詳細はこちら

印章についての知識

基本的な使い方や使用目的について

詳細はこちら

印章についての知識

基本的な使い方や使用目的について

詳細はこちら

はんこの物語

どんな風にはんこを使っていますか?

詳細はこちら

はんこの物語

どんな風にはんこを使っていますか?

詳細はこちら

Media

様々な媒体で取り上げられています

詳細はこちら